とても肌が敏感肌なのでスキンケアのための石鹸選びは慎重にしています。毎日使うものなので、力が入ります。

常識をくつがえすスキンケア化粧品案内
常識をくつがえすスキンケア化粧品案内

スキンケアの石鹸を選ぶときは慎重です

子どものころは何をつかっても全然肌荒れをしたり、まけたりもしたことがないくらい、肌だけは丈夫なほうでした。しかし、子どもを出産したあとから、とても敏感肌になってしまったのです。昔は洗顔するのにも、どんなメーカーのものの洗顔料でも大丈夫だったし、かなりゴシゴシ洗っていたのですが、今となってはそんなことをしたら、自分の肌をおもいきり苛めているようなものです。そこで、出産後、洗顔するのにも、そのための洗顔フォームも、とても慎重に選ぶようになりました。私の場合の選び方は、まずは親、兄弟が使っていたらまずそちらを借りてためしに洗顔してみます。それで何もならなかったら、ちょっと継続して使い続けてみます。そのほかは、サンプルをいただけることがあれば、進んでいただいて、そして試してみるようにしています。それで合うのがあれば、そのまま購入といった形です。それでも、なかには途中で肌にあわなくなってしまうものがあるのが残念なところなのです。

そして、子どものころからスキンケアが好きだったので、比較的丁寧に、石鹸で洗ってきたのですが、その効果があったのも若いうちだけだったようです。今は年齢も考えて、きちんとしたスキンケアグッズを選ばないと、肌が荒れてしまいますし、また治りも遅くなってきました。なおさら失敗は許されません。これからもっとスキンケアに力をいれていかなきゃないんだなと、やっと自覚できました。いつまでも、肌だけでも綺麗にいたいものです。

■注目の情報



Copyright(c) 2017 常識をくつがえすスキンケア化粧品案内 All Rights Reserved.